フランス語というイングリッシュを流暢に話せることが得意です。

フランスって英に留学経験があるので、フランス語と英文がアドバンテージです。
英文は中一から講義で習い始めましたが、講義の命令では文法などに上がる物言いが辛くて、どちらかというと苦手なグランドでした。
きわめて平均的な高校の英文人気のとおり18年頃でフランス語の訓練を通じて、記述がすらすらって読めるようになるまで半年ほどかかりました。
流暢に話せるようになるまでは、さらに2年代ほどかかったと思います。

フランス語が常にできるようになってから英文の訓練を本格的に始めたのですが、フランス語って英文は物言いや言い方が似ているものが手広く、驚くほどのスピードで上達していきました。
フランス語を勉強していたとおり自分に当たる伝達の訓練の仕方の方を学んだので、それも役に立っていると思います。
自分は文法に反感を持っているので、文法の訓練は充分しません。そのかわり先住民スピーカーとのコミュニケーションをエネルギッシュにおいて、コピーをただただ暗記しています。
ツイートでしゃべれるようになると、ただのキャッチボールも滅法楽しく感じます。高反発マットレス ランキング